製品情報Products

サブメニュー

縦型ニーダー

強力なブレード軸で極小のクリアランスを実現 洗浄性の良い自転式混練機

VKN-2-100 実用新案登録済

VKN-2-100 実用新案登録済
特長
  • 羽根と槽のクリアランスが1mmです。
  • 今までに無い混練効果が期待できます(低速回転で粒子を傷めず小さく出来ます)。今までのプラネタリーミキサーでは不可能な練りが可能です。
  • 槽断面の形状がひょうたん形です。
  • 自転のみで完全な混練、分散が可能です。
  • 構造が簡単で強固な装置です。
  • 運転中に底部から粉体原料が吸引できます。
    • 粘性が高いほど効果があります(他のミキサーに無い機能です)。
    • 槽蓋内面の粉体付着が無くなります。
  • 羽根が大きく、混練物の動きが大きくなります。
  • 原料の付着が少ない羽根形状です(羽根の掻き落としが不要になります)。
  • 軸シールからのコンタミが発生しない構造です。 (シール部にゴミ受け付です)
  • 羽根の上部にスクリューが直付きです。
  • 蓋を上昇させることにより、羽根及びスクリューが完全に露出するため、洗浄性が大変良くなります。
  • 真空仕様のため、気密性に優れます。
  • 強力な繋ぎの無い1 本シャフトのため、固練りが可能です。
  • 固練り後、液体での希釈が容易にできます。この時、液体は上部より運転中に投入できます。
  • 羽根にジャケットを設けることが出来ます(オプション) (プラネタリーミキサーでは不可能な構造です)
  • 温度センサーは埋め込み型につき、槽内に突起がありません。
  • 槽は定置式を標準とするも、横転式も可能です。
  • 上部のスクリューにより、蓋上からの原料投入が可能です。
撹拌羽根および撹拌槽 撹拌羽根と撹拌槽内壁のクリアランス(1mm)
仕様
VKN-2-100
内容量(L) 100
標準仕込量(L) 40 ~ 70
回転速度(r/min) 7 ~ 70
モーター(kW) 7.5
機器寸法(mm) 1660(W)×1500(L)×2335(H)
重量(kg) 2100

一部のコンテンツはPDF形式となっております。

PDF形式ファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobe社サイトから最新のAdobeReader (無償) をダウンロードし、インストールしてください。