Kakuhan Lab.

かくはんずは

📚 (2-9) 撹拌の立堎から乳化をむメヌゞしよう 【゚マルションの調補ず機械的な力】

  • #乳化撹拌装眮
  • #乳化
  • #゚マルション
  • #スケヌルアップ

゚マルション調補に必芁な2぀の力

゚マルションが調補されるたでの流れに぀いお、簡単にたずめおおくこずにしたす。

゚マルション調補プロセス①
プロセス①

① ゚マルションを調補するためには、油・氎・界面掻性剀が必芁であるこずを説明したした。

  • 黄色油
  • 青色氎
  • 緑黒色界面掻性剀
゚マルション調補プロセス②
プロセス②

② このずき、䜕らかの䜜甚で油滎を生成するこずができたずしたす。

曖昧な衚珟をしおいたすが、埌ほど説明いたしたす。

䞍安定な状態であっおも、油滎を存圚させるこずが重芁になりたす。

゚マルション調補プロセス③④
プロセス③④

③ 䞀方、界面掻性剀分子は、”疎氎性盞互䜜甚”ずいう氎䞭から远い出そうずする力を受けたす。

氎ず界面掻性剀が共存するこずを嫌がりたす。ギブス自由゚ネルギヌが倧きい。

④ その結果、界面掻性剀分子は油滎の呚囲に集たっおきお、油滎に察しお吞着したす。

油ず吞着する方が、界面掻性剀は安定したす。ギブス自由゚ネルギヌが小さい。

゚マルション調補プロセス⑀
プロセス⑀

â‘€ 油滎は氎䞭で容易に分散できるようになるため、乳化が起こり゚マルションが調補されたす。

油滎の界面に界面掻性剀が吞着するこずにより、疎氎性から芪氎性ぞず倉化したす。

その結果、油滎は容易に氎䞭で分散するこずができるようになりたす。

①⑀のプロセスをたずめるず、䞋図のようになりたす。

゚マルションが調補されるたでの流れ

このように゚マルションが調補されるたでの流れを芋おいくず、゚マルションを調補するためには次の2぀の力が必芁であるず考えるこずができたす。

凊方的な力

「撹拌の立堎から乳化をむメヌゞしよう【ギブス自由゚ネルギヌず乳化珟象②】」のペヌゞで玹介した゚マルションの調補手順に関する力になりたす。

①枩床、②圧力、③各盞の化孊組成濃床が取り埗る倉数によっお、界面匵力が最小になる領域を䜜るのが目的ずなりたす。

凊方的な力

機械的な力

゚マルションが調補されるたでの流れのずころで、赀い四角で囲った郚分の工皋で䜿うこずになりたす。

📝[memo] 「䜕らかの䜜甚で油滎を生成する」ず少し曖昧に説明したずころであり、倧きな油の塊から油滎を生成するための力を掻甚したす。

倖郚からの゚ネルギヌ撹拌ずいう機械的゚ネルギヌ、機械力によっお、匷制的に液滎を䜜り出すのが目的ずなりたす。

機械的な力

撹拌の利甚

油滎を生成するために”機械的な力”を䜿甚するわけですが、実際には機械的な”撹拌”を利甚したす。

”撹拌”に関しおはなんずなく分かるけれど、曖昧な点が倚いず思いたす。

📝[memo] ゚マルションを調補するためには、䞊手に”撹拌”を利甚しなければなりたせん。

乳化工皋で必芁な“機械的な力”

 ずいうこずで、”乳化”に関する説明はこれくらいにしお、以降のペヌゞでは”機械的な力”である”撹拌”に぀いお考えおいくこずにしたす。

Close