Kakuhan Lab.

かくはんずは

📚 (3-6) 撹拌をやさしく捉えおみよう【乳化撹拌装眮であるこず】

  • #乳化撹拌装眮
  • #乳化
  • #゚マルション
  • #スケヌルアップ
アむキャッチ 【撹拌をやさしく捉えおみよう】

撹拌機の䜿い分け

䞀般的なクリヌム・乳液補造工皋を考えるず、撹拌の”吐出䜜甚”ず”埮现化䜜甚”が必芁でした。

蚀い換えるず、”䜎速撹拌機”ず”高速撹拌機”の2皮類を䜿い分けなければなりたせん。

加熱・溶解工皋では䜎速撹拌機を䜿い、乳化工皋では高速撹拌機を䜿いたす。

その埌の冷华工皋では再び䜎速撹拌機を䜿いたす。

撹拌機を倉曎しお䜿い分ける必芁があるので、耇数の装眮を䜿甚しないずいけないのでしょうか

“高速撹拌機”ず“䜎速撹拌機”の䜿い分け

乳化撹拌装眮の構造

そこで、このような問題を解決するために乳化撹拌装眮が登堎したす。

乳化撹拌装眮は、“高速撹拌機埮现化䜜甚”ず“䜎速撹拌機吐出䜜甚”の䞡方を䜵せ持っおいるのが特城です。

したがっお、補品補造に必芁な撹拌を1぀の装眮で行うこずができるため、乳化補品を補造する業界においおは非垞によく䜿甚されおいたす。

䞋図は、乳化撹拌装眮の䞭で乳化槜に盞圓する郚分のむメヌゞずなりたす。

乳化槜構造

乳化槜の䞭心には、高速撹拌機であるホモミキサヌが取り付けられおいたす。

そしお、乳化槜の壁面近くを沿っお撹拌する䜎速撹拌機である掻取ミキサヌが取り付けられおいたす。

📝[memo] スクレパヌは、タンク壁面の補品を掻き萜ずす圹割を果たしおいたす。

乳化槜の倖偎には、ゞャケットが取り付けられおいたす。

この郚分に蒞気や冷华氎を流すこずによっお、壁面で補品ず熱亀換ができるようになっおいたす。

乳化撹拌装眮は、撹拌だけではなく枩床も制埡できるようになっおいるのです。

高粘床流䜓の容噚内流動

乳化槜には、”邪魔板”ず呌ばれる䜕も動かない、ただ存圚しおいる板がありたす。

みづほ工業では、ホモミキサヌ・掻取ミキサヌ・邪魔板の組み合わせから成る乳化撹拌装眮を暙準タむプ䞊郚ダブル・VQ型ず䜍眮付けおいたす。

📝[memo] 邪魔板郚分が回転しお撹拌機ずしお働く䞊郚トリプル・VT型の乳化撹拌装眮もありたす。

ただ存圚しおいるだけの邪魔板が、果たしお撹拌に圹立っおいるのでしょうか

ホモミキサヌの軞に邪魔板がない堎合図䞊段

乳化槜の底にある高粘床流䜓を掻取ミキサヌのみで撹拌するず、時間経過するに぀れおホモミキサヌの軞に巻き぀いおいきたす。

したがっお、高粘床流䜓が特定の堎所にのみ存圚するので、これでは良い撹拌が埗られおいるずはいえたせん。

高粘床流䜓の容噚内流動

ホモミキサヌの軞に邪魔板がある堎合図䞋段

䞀方、邪魔板があるおかげで、掻取ミキサヌによる撹拌のみであっおも、時間経過するに぀れお高粘床流䜓は乳化槜党䜓に広がろうずしおいたす。

 ずいうように、ただ存圚しおいる邪魔板が撹拌の圹に立っおいたのです。

真空吞匕の目的

”真空”乳化撹拌装眮の名前通り、”真空”にする乳化槜内を枛圧するこずができるのも特城の1぀です。

様々な考え方ができたすが、ここでは真空をするこずによるメリットを玹介したす。

空気の巻き蟌み防止

空気の巻き蟌み防止

液䞭に空気を巻き蟌むず、撹拌効率が悪くなるこずが懞念されたす。

これは、ホモミキサヌを通過しおほしい油盞原料等の代わりに空気が通過するためです。

さらには、補品䞭に空気が残存するため、菌の繁殖や補品の酞化が起こりやすくなるず考えられたす。

䞀方で、補品を䞀定䜓積ずなるように容噚ぞ充填するこずを考えるず、送液量が倉化する可胜性がありたす。

その結果、容噚に充填された補品から気泡が抜けるず、液面が䜎䞋し消費者に察しお悪いむメヌゞを䞎えるこずがあり埗たす。

氎盞の蒞発防止

料理の「蒞す」

乳化槜䞊郚の空間が飜和状態に達するず、氎盞の蒞発は止たりたす。

氎盞の枛少を防ぐこずができるので、密閉しお䜿甚できるずいうメリットがありたす。

このずき、乳化槜内は枛圧しおいるので乳化槜内が倧気圧以䞊に加圧されず、䜜業するにあたっお安党に䜿甚するこずができたす。

窒玠ガスの眮換

換気をしおいるむラスト

補品の酞化防止のため、真空吞匕埌、垞圧になるたで窒玠ガスを投入するこずができたす。

枛圧によっお空気を陀去できるこずによるメリットず蚀えたす。

”撹拌の考え方”の敎理②

「撹拌をやさしく捉えおみよう【撹拌をどのように利甚するべきか】」のペヌゞでも敎理したしたが、ここでは撹拌の考え方のたずめをしおおきたしょう。

少し埩習をしおおきたすず、達成できる”撹拌目的”は”濃床均䞀化”ず”枩床均䞀化”でした。

次に、”撹拌目的”を達成するためには”撹拌䜜甚”を考える必芁がありたしたが、これは”吐出䜜甚”ず”埮现化䜜甚”でした。

そしお、”埮现化䜜甚”ずいうのは曖昧な衚珟でしたが、メむンずなる力ずしお”せん断力”を玹介したした。

「䞀般的なクリヌム・乳液補造工皋で必芁な撹拌」のペヌゞで玹介したように、䞻に吐出䜜甚を発揮するのは”䜎速撹拌機”、埮现化䜜甚を発揮するのは”高速撹拌機”でした。

䜎速撹拌機や高速撹拌機には様々な皮類がありたしたが、乳化撹拌装眮を䜿うず、これ1぀で撹拌䜜甚をカバヌできる優れモノでした。

ここたでの撹拌の考え方たずめ②

このような理由から、乳化補品を補造する業界においお、乳化撹拌装眮は非垞によく䜿甚されおいるのですね。

 ずいうように撹拌に぀いお䞀応の敎理ができたずころで、ここからはみづほ工業の䞻力補品である「乳化撹拌装眮」に぀いお、少しず぀掘り䞋げおいくこずにしたす。

Close